育毛シャンプー&サプリメント

育毛・発毛はシャンプーで頭皮改善とサプリメントで体質改善できます。

なぜ脱毛症になるの?

      2016/10/18

髪の毛は頭を守る大切なものです。
しかし頭を守る大切な髪の毛が脱毛症になってしまい悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。
どうして脱毛症になるのでしょう。


主な原因としてシャンプーの回数不足などで頭皮が汚れ皮膚呼吸が困難になったり、シャンプーやリンスの成分が合わないまま使用し頭皮が肌荒れを起こしたり、新陳代謝が衰え毛母細胞に栄養が行き届かなくなったり、サプリメントを過剰に摂取し薬害を起こしてしまうことが脱毛症の原因と言われています。
①間違った手入れ
最近では育毛や発毛に関する情報が簡単に入手できるようになりましたよね。
しかしここで大きな間違いを起こしている人がたくさんいます。
間違った情報で間違ったお手入れをしていませんか?
例えば頭皮における皮脂は育毛を妨げるという情報を耳にしたことがありませんか?
皮脂は頭皮や肌を乾燥から守るために分泌されている成分です。
それを汚れとして強力なシャンプーで除去している人は残念ながら大間違いです。
必要な皮脂を除去してしまっているのです。
また強力なシャンプーを使用すると頭皮に肌荒れや湿疹が発症してしまい、脱毛症を発症してしまいますので十分注意しましょう。
②新陳代謝が衰え、毛母細胞の栄養不足となる
年齢を重ねるにつれて新陳代謝は衰えていきます。
それと同時に髪の毛も衰えるのです。
髪の毛が細くなり、生え際が後退する…このようなことを実感している人は多いのではないでしょうか?しかし人間なら自然なことなのです。
しかし髪が細くなったり生え際が後退しているとハゲてしまうのでは…なんて心配になりますよね。
この場合ならまだ頭皮と髪の毛に栄養補給をすれば改善されることもあります。
育毛剤を使用し栄養補給をすることで脱毛症の進行を遅らすこともできますよ。
③薬害
最近特にドラッグストアやコンビニでも手軽に購入できる薬や健康食品。
これらが脱毛症の原因として高まってきています。
例えば、健康食品やサプリメント、プロテイン、皮膚科の薬などです。
健康食品やサプリメント、プロテインなどは自分でドラッグストアに行って簡単に購入できてしまうので過度に摂取してしまう可能性があります。
これらは必ず説明書を熟読してから摂取するようにしましょう。
また、皮膚科の薬は病院から処方されますから安心しているかもしれませんが、自己判断ではなく摂取量をきちんと守って摂取するようにしましょう。
いずれも過度の摂取は髪の毛には悪影響を及ぼすので注意しましょう。

 - 育毛の基礎知識 , , , ,