育毛シャンプー&サプリメント

育毛・発毛はシャンプーで頭皮改善とサプリメントで体質改善できます。

育毛、発毛を妨げるものって何?

      2016/10/18

育毛、発毛をしているけれどなかなか効果が現れないなぁ…と思っている人が多いはずです。
育毛、発毛を阻害するものがあるのをご存知ですか?
育毛、発毛を阻害する要因としてタバコやお酒、紫外線などがあります。
人間の体にとって良いことは髪の毛にとって良いことなのですが、反対に人間の体に害があるものは髪の毛にも害があるのです。
『百害あって一利なし』というわけですね。
お酒は適量ならOKなのですが呑みすぎてしまうと体にとってよくないですね。


育毛、発毛にとって悪影響なものをいくつか挙げてみましょう。
①タバコ
タバコはご存知のとおり血行は悪くなります。
タバコの主成分であるニコチンが血管を収縮させる作用があるのです。
血行が悪くなるということは当然、頭皮の血行も悪くなり髪の毛まで栄養が行き渡らないのです。
また一酸化炭素が血液に含まれるヘモグロビンと結合して酸素運搬能力が低下します。
このようになってしまうと寿命は短くなって成長速度も遅くなりますね。
②お酒
お酒というと肝臓に悪いということを耳にしますよね。
肝臓に負担がかかるとタンパク質が作れなくなりタンパク質は髪の毛の主成分ですから栄養が不足してしまうのです。
肝臓事態はアルコールを分解するところなのですが個人差がありますね。
最低でも週に2日は休肝日を作ることをオススメします。
③紫外線
紫外線はお肌にとって良くないことはよく知られています。
しかし頭皮にとって良くない!ということはあまり知られていないようです。
頭皮には皮脂があり皮脂が酸化してしまうと過酸化物質となって毛根における細胞を死滅させるので脱毛を誘発してしまいます。
また紫外線は髪のタンパク質を破壊しキューティクルを傷めてしまうのです。
パサついた髪はキューティクルが傷んで水分が奪われてしまった状態なのです。
紫外線の強い日や夏は特に帽子を被るなどをして紫外線対策が必要です。

 - 育毛の基礎知識 , , , ,